葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜日です

<<   作成日時 : 2008/04/05 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『電脳コイル』の再放送をやっている土曜日。土曜日は吉祥寺句会の日というのが最先端を行くシティギャル(死語)の新常識とはいえ、明日は日曜日。

日曜日は『週刊俳句』の日
http://weekly-haiku.blogspot.com/
(久しぶりにやるとなんとなく体力を消耗します。最近週末にブログを書く機会が少ない)
ついに第二回週刊俳句賞の発表です。

春たけなわ、わしづかみという言葉を聞くと心躍る今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
THCでは20日に潮干狩りへ行くらしい。
ユースケくんにしろてっちさんにしろ、たまに句会や吟行を企画すると必ずと言っていいほど豆の木の句会がある日に当ててくるのはどういうことなのだろうか?
THCがアンチR17なのはグローバルに公然の秘密だけど、アンチ豆の木でもあったのだろうか。ブツブツ…。
それとも単に葉月に来て欲しくないというだけ? グスンッ…。

ところで第二回週刊俳句賞が大学生大会だという告知を見たとき、なにかあえて火中の栗を拾うというような印象を受けた。どうも俳句世間において年齢制限は鬼門だという気持ちは強い。参加資格が学生というだけで別に年齢に関する制限は設けていないのだけど、やはり年齢制限に近い印象は拭えない。
でも読者投票も第一回に比べれば投票数が多くあんまり心配する必要もなかったのかも。いずれにしてもキュートな学生俳人が受賞することになったら、第一回の受賞者との印象の隔たりも無いので週刊俳句賞らしい結果だとなんとなくみんなして納得してしまいそうな気もしてしまう。

豆の木にしてもR17にしても年齢制限(生年制限?)を設けたのでどうしても胡散臭い目で見られがちで損したのではないかという気がする。その点、THCは年齢制限どころか何の制約も無いのでなんとなく安心というか。トーキョーハイクライターズクラブを名乗っているので地方出身者しか参加できないと勘違いする向きもあるが実際には東京出身者も参加しているし。
そういえば「THCって何人いるんですか?」という質問を受けることがよくある。あんまり深い考えもなく二十人くらいじゃないかと答えることが多い。
週刊俳句第三十号のTHC代表五句に参加したのが十五名。それ以外にも世間ではTHC関係者だと見なされている人が数人はいそうだからというのが二十ぐらいの根拠になっているのだと思う。もっともてっちさんとユースケくんの二人が(あるいは二人の関係性自体が)THCなのだという模範解答も別途あるのだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜日です 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる