葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2007/09/26 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

昨晩、中秋の名月ということを夜半に思い出したので家の前の空き地に出て空を見上げたりした。

花鳥風月とはいうけれど、やはり極め付きは月です。俳人の端くれともなればやはり一人だろうが月は見ないといけないとは思う。一緒に月見できる人がいればそれにこしたことはないのは言うまでもないが。

ちょうど雲が流れて天空高いところにある月が顔を出したところ。きれいだ。かなり有無も言わさぬ感じできれい。
でも小さい。
確か月の直径は地球の30%ぐらいで衛星としては常識はずれに大きいはずなのに見た目はかなり小さい。ようするに遠いところにあるわけだが、遠いと言ったってこの広い宇宙ではほとんど頬寄せ合って「髭がいたいよ」とか言いながらいちゃついているような距離ではないのか。

もとより絵画や映画で見る月は実際の月の視直径より常に(はるかに?)大きく表現されているので、日ごろから先入観を持たされ続けているのは自明なのだが、それにしても実際の月は小さい。あんなに小さいと潮の満ち干に影響したり交通事故増やしたり人を狼に変身させたりするようには見えないし、蛙になったお嫁さんやかぐや姫が里帰りするにはちょっと遠すぎるきらいがある。それなのに人類の文化全般に与えている影響の大きいことと言ったら何なのだろう。
そういえば天空の月に比べて地平の月が大きく見える理由はよく分かっていないらしい。

月を構成している物質には地球の年齢よりも古い物質も含まれているなんて話を聞いたことがあるけど本当だろうか? 月に関してはあまりにもいろんなことが長い間言われ続けているのでどんなことも鵜呑みにできないような気がする。専門に関係している分野なのでゆうむくんあたり詳しそうだけど。

色々神秘的な月だけど、すごく気になるのは月の公転周期と自転周期が完全に一致してることだな。そういうことって広い宇宙では珍しくないらしいが、なんかものすごく不自然な感じがするのは私だけだろうか。何億年も地球の周りを回っているのにいっさい背中を見せないようにしているわけだから。
たとえば地球の公転周期と自転周期の比率はよく知られているように365:1だ。こういう比率だとなんとなく偶然そうなったように見えるし、ある意味自然な印象を与える。
でも公転周期と自転周期が完全に一致なんてねえ。なんか変じゃないと勘繰ってしまう私をいったい誰が責められよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見しています。
ところで「月の公転周期と自転周期が完全に一致してる」というのは、自転していない物体が公転だけしているということではないのですか。
あずき
2007/09/26 21:11
あずきさん、いらっしゃいませ。
これからもご贔屓にお願いします。

>自転していない物体が公転だけしている
ということだと毎年毎年背中の隅々まで隈なく見せてしまうという状況を想像してしまいます。

ともあれ「月の公転周期と自転周期が完全に一致してる」という表現よりは一日と一年が完全に同等という言い方のほうが面白いかなとも思いました。


葉月
2007/09/26 22:46
一日と一年が完全に同等だと季語はどうなるのでしょうか。
あずき
2007/09/27 01:42
季語のことをきかれても何も思い浮かばないです。四童さんあたりに質問すると色々答えてくれそうな気がします。
葉月
2007/09/27 09:00
そのよく出てくる四童さんですが、四童珈琲店というのはどこにあるのでしょうか。下北沢店もあるようなのですが、地図も電話番号も載っていないので分りません。葉月さんはご存じですか。
http://otd13.jbbs.livedoor.jp/1000041382/bbs_plain
あずき
2007/09/27 21:38
こちらもよろしくです。

四童HP
http://www.asahi-net.or.jp/~xl4o-endu/
四童珈琲店
http://navy.ap.teacup.com/yondoblog/
葉月
2007/09/27 22:28
葉月さん、ども。

あれですね、「月を構成している物質には地球の年齢よりも古い物質も含まれている」というのは、地表には、という但し書きつきで正しいのだと思います。

地球はプレートテクトニクスで海洋底はどんどん更新され、風雨によって地表は削剥されるのに対して、小さいために早く冷え固まった月にはプレートテクトニクスが存在せず、大気もないために、最古の岩石として地表に露出しているものが、月の方が古いのだと思います。

月の公転周期と自転周期がおんなじなのって確かに不思議ですよねー。僕はそういうのよく知らないですが、重力的な関係とかそういうので周期がおんなじになる必然性があるのかもしれないですね。

月はどんどん地球から離れているとかも言いますよね。数億年前には、月はもっとめちゃくちゃ大きく見えていたとか。
ゆうむ
2007/09/28 01:06
ゆうむくん、いらっしゃいませ。
まっとうなコメントありがとうございました。
なんだかホッとしました。
葉月
2007/09/28 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
月 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる