葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋初め

<<   作成日時 : 2016/08/29 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここのところ円高傾向が強いわりに日本の株価が下がらない。
まあこれが実体経済を反映しての株高だったら目出度い限りなのだけど、明らかに実体経済に即していない。
日本に限らず西側(先進国?)の株価も軒並み順調だ。

バルチック海運指数なんて昨年来ずっと史上最悪の水準で推移しているのに、この株価は完全に不自然な状態である。
この状態で9月の休暇明けを迎えるなんて不安しか感じない。これは私に限らず、こういう不安を抱えている人は地球上にたくさんいるだろう。

ご存じのように私は30年ほども休みなく働いてきたのに(あるいは働いていたせいで)財産というものと無縁の貧乏暮し、もちろん株なんてものも持っていないから、この秋にリーマンショック以上の経済破局が来ても別に財産が減るようなことはないわけだが。
とはいうものの、次に来る大不況ではさすがに失職は免れないような気がする。仮に9月にクラッシュがあった場合は12月ぐらいにはクビになりそう。

せめて経済破局が今年の秋ではなく来年の秋なら少しは生活防衛できるかもしれないけど、今年の私の置かれている状況ではやや厳しい。とはいうものの誰の助けも期待できないのでどう転んでも自分でどうにかしていくしかないのだが。

話は変わるけどクーデタ未遂事件以降、トルコがロシアと歩調を合わせるようになってきている。
ロシアとトルコなんて、現存する大国の中でも最も仲の悪い二国。正式な(?)露土戦争だって十回以上を数えようという宿敵同士だ。
中東ではロシアとイランの影響力が安定的に強くなってきていて、ついにトルコもロシア寄りに動かざるを得ない立場になったのか。
いずれにしてもこのまま中東が安定に向かうことを切に願うかぎりである。

本当に今年は大ニュースばかりなので、一々フォローしきれない。

また話は変わってしまうのだが、昔からある問題なのに昨今移民排斥の動きが活発化してきている背景には、ロボットやAIの技術の進歩があるのではないだろうか。
現在移民の労働力を頼りにしているような(コミュニケーション能力や読み書き能力をあまり必要としない)単純労働は10年ぐらいの内にロボットがほとんど担うようになる、移民の労働力が経済成長に寄与しない時代を見越して、移民への風当たりが強くなっているとは考えられないだろうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋初め 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる