葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイミー

<<   作成日時 : 2008/08/19 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

正直に告白するのはちょっと恥ずかしいのだが、つい最近までハイミー®というのはタケダから出ている調味料だと勘違いしていた。調べて見るとハイミーは味の素株式会社の製品らしい。

味の素®はグルタミン酸(昆布や野菜のうま味の成分)が主成分で食卓用、ハイミーはこのグルタミン酸にイノシン酸ナトリウム(かつお節のうま味成分)やグアニル酸ナトリウム(しいたけのうま味成分)を加えた、本格的な料理用の出汁として使うらしい。
ちなみにタケダが出しているのはいの一番®。
もっとも化学調味料に関しては半世紀以上前から都市伝説の暇がないのでネットで収集した情報など一概に信用するととんでもないことに巻き込まれるかもしれない(心配性な私)。昨今もハイミーはポエミーと只ならぬ関係にあるらしいという噂が流れたばかりだし。

最近ネット上で俳句評論関連がにぎにぎしい。活況を呈しているとすら言っていいかも。
たとえば橋本直さん、田島健一さんが立ち上げたUNI
アニ、オニ、の次はウニだと言われ始めてすでに久しいが、もうあとはイニとエニだけになってしまいましたね。
BBSでお二人のやりとりを見てると、まあ頼もしいしいというか、この方々の名前を知るようになって数年だけど、このお二人は十年以上この調子でやってきたしこれからもずっとこの調子でやっていくんだろうという、一種、軌道上にあって余計な力を与えなくても自由落下を永遠に続けられる二連星の如き印象を受ける。

それから豈の数名が開始した「―俳句空間―豈weekly 」
フォーマットは『週刊俳句』を踏襲しているにしても、俳句結社(同人誌なのかな?)が俳論専門WEB週刊誌という展開には驚愕しました。私自身、俳句結社未経験なので結社について偏見があるのかもしれないが。なんかとっても新しいぞ。

高山れおなさんの「俳句など誰も読んではいない」という発言は誰もが気づいていることをあえて改めて口にする爽やかさを感じました。
同時に私って俳人として圧倒的な多数派に属しているのだなという変な(まさしく変な)感慨も覚えました。
今更言うまでもなく、私は句集をほとんど読まないし、現在活躍中の俳人や先人たちの作品を熱心に読んだりもしない。それどころか自分の作った句も作ったはしからどんどん忘れるし。
俳句人口は百万単位といわれているが、そのうち百万人ぐらいはだいたい私と同じような感じではないだろうか。
他者の作品を熱心に読む俳句読者は百万単位の中のせいぜい数百人程度の印象(もちろん印象であってきちんと調査したわけではない)。でもこういったことって今に始まったことではなくて、すでに数十年は続いているのではないでしょうか。
読者が作者に比べて少数であることで誰かこまったという話は聞かない。これまでも別にそれで俳句が滅びたわけでもなさそうだし。珍しく自分が多数派だと認識してほのぼのとしている最近の葉月でございます。     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
猿は猿的な話題で一生終わるんですね。ご愁傷様!!!
俳句空間元編集人
2008/08/23 19:46
元編集人さま、いらっしゃいませ。おくやみありがとうございます。

正確な題名は思い出せないのですがマダガスカルを歌った童謡を思い出しました。
♪アイアイ、アイアイ
♪お猿さんだよ
♪アイアイ、アイアイ
♪南の島の
♪アイアイ、アイアイ
♪しっぽの長い
♪アイアイ、アイアイ
♪お猿さんだよ
葉月
2008/08/24 06:51
俳句空間元編集人?本当に、あなたは元編集人なんですか?編集人だったのは何時頃?
一読者
2008/08/24 15:52
葉月さん
コメントしにくい雰囲気になってしまいましたが、とりあえず「豈」は俳句結社ではありません。主宰がおりませんので。
読まない人が多数派、という件については、近いうちにどこかに書きます。
yasnakam
2008/08/25 20:27
さきほど書き漏らしましたが「―俳句空間―豈weekly」をとりあげていただき、ありがとうございます!
yasnakam
2008/08/25 20:28
yasnakamさん、いらっしゃいませ。

長い間「豈」は結社だと思い込んでいました。名前がそれらしいからでしょうか?
読まない人が多数派、というより読者が少ないというのが私の印象です。微妙なことを言ってしまった(しまった)。
最近、髪型を変えて楽しそうに♪お猿さんだよ〜♪とよく唄っているので、葉月は恋に落ちたんじゃないかと職場で噂されています。
葉月
2008/08/26 08:59
高山君の指摘、「俳句などは誰も詠んでいない」の間違いでは? あの雑誌、うちでは即ポリ袋行き。摂津幸彦も草葉の陰で怒っているでしょう。また「俳句空間」の名称、私の使用許可なく使っているのは、猿の証拠か? いいかげんにしろ!!!
俳句空間元編集人
2008/08/28 04:04
私の使用許可?という事は、、、、。

しかし、いやしくもあの有名な俳句空間の元編集人だった人が、猿、、、なんて乱暴な表現を使うのは問題ではないでしょうか?はっきり言って情けないと思います。
一読者
2008/08/28 08:13
元編集人さんへ、言い忘れた事があります。もし、本当に、あなたが元編集人だったら、まさか、学校の先生ではないでしょうね?昔の俳句空間の編集メンバーには学校の先生が含まれていたようです。もし、あなたが学校の先生だったら、ネットに、猿、猿、、、というような乱暴な表現を使う書き込みをするのは、正直に言って、脇が甘いと思います。最近の世間は、学校の先生によるネット上の言動に厳しくなってます。気をつけたほうがいいと思います。
一読者
2008/08/29 08:03
すみません。私は「俳句空間」という雑誌に関心はないのですが、とりあえず俳人にまっとうな行動や生活を求めるのはお門違いではないかという印象をもちました。
それはそれとして、仮に頭の程度に疑問がある品性疑わしい人がいるとしても、ネットに猿と書いただけで職業を失うような社会って窮屈かなという気がします。
葉月
2008/08/29 21:47
葉月様。クビにしろ!とは言ってません。私だって、そんな社会は嫌です。ただ、学校の先生のように世間から社会的地位が高いと見られている人は、ネットでの言動は慎重にするべき、、、だと言いたいのです。こういう人達に対する世間の目は厳しいのですから。どうも、芸術家の方は、世間を馬鹿にする傾向があるようですが、世間の怖さを無視すべきではありません。そう言えば、様々な俳人のブログを読んでいて気になる事が一つあります。自分の職場の内幕を詳しく書いている事です。これは、もはや、完全に脇が甘いとしか思えない行為です。同じ職場の人が読んだらどうするんですかね?いや、なにより、職場の秘密をばらしているという意味で法律的にも危険では?ある俳人は、本当に学校の先生らしいんですが、自分の学校の批判を書いたり消したりしてますが、その消した部分を誰かがプリントアウトしていたらどうする!と懸念した事が無いのでしょうか?とにかく、私のような定年間近の老人が言っても仕方ないかもしれませんが、俳人には脇の甘い人が多いような?失礼しました。
一読者
2008/08/30 08:14
一読者さん、私は自分に影響ない他人様の脇には興味が抱けません。年齢のせいか好奇心が衰退しているのかもしれません。
もしかして元編集人さんと同じ職場におられるのでしょうか。
葉月
2008/08/30 20:52
葉月様。いえ私の職場には俳人はいません。まあ、密かにやっている人もいるかもしれませんが。だいたい私自身が、俳句と短歌を一人で、のんびり楽しんでいるので。そんなわけで、葉月様や元編集人様から見れば、私は「外野」でしょう。外野黙れ!と言いたいのではないかと思います。それはそれで構いませんが、、、ただ、失礼ですが、どうも芸術家は変人だから何を書いても許される、、、という芸術家の甘えがあるように思うのですが、、、俳人のブログには。まあ、全体的に見れば俳人達のブログは面白いと思います。少しぐらい危ない記事も私は許容します。ただ、前回にも書いたように、例えば、自分の職場の内幕を書くような、かなり危ない事はやめたほうがいいです。実際、総務関連の仕事をしている友人も、こういう記事は、危ないと言っています。また長くなりました。失礼しました。
一読者
2008/08/30 21:24
一読者さん、何度もお運びいただきましてどうも。
「外野黙れ」というのは深読みですよ(笑)。
仮にどこかの学校関係者に俳句猿の名を縦にしている俳人がいるとしても単に興味がないと言っているだけで他意はありません。
葉月
2008/08/30 21:52
葉月様。話を長くしてしまって申し訳ありません。こんなに長くなったのは私の予想外です。すみませんでした。私が一番言いたいのは、社会的地位のある俳人がネットに書き込みする時は注意しなけばならない。例えば、今回議論の対象になっている学校の先生は、、、。と言う事です。あ、葉月様は、先生ではないですよね?だったら、大丈夫です(笑)。またまた失礼しました。
一読者
2008/08/30 22:33
一読者さん、私は俳句を構成するものの90%以上は人間関係で作品の占める割合は非常に少ないとは思っているのですが、コメント欄で「社会的地位」とか書かれてしまうと、そういうことにも結局興味がないのだと改めて気づきます。
葉月
2008/08/31 11:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイミー 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる