葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 街句会

<<   作成日時 : 2007/06/24 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THCの二次会のときどちらのツバサさんから誘われたのか(酔っていたので)判然としないのだが、モルさん経由で連絡のあった街句会に参加。

登戸まで自転車で行き南武線で川崎。

行ってみたら四十人以上もいて驚く。こんな大人数の句会は初めてである。こういう私って異常なのだろうか。
今井聖さんはミックジャガーのような人だと聞いていたので、うちの息子が履いているようなイマドキな夏ズボンを履いて行ったのだが(今ひとつ因果関係が理解不能)誰も何も言わない。

17時に句会が終わるのを見計らったように朝比古さんから電話が入る。自宅で「餃子と炒飯の会」を行うので食いに来いという用件。当日の開始時刻になって予告なしに誘いがかかったのは解読不能な海よりも深い俳句世間的な理由があるらしいので詮索しない。街句会の二次会にも未練はあったのだが、句会をやりそうなので朝比古宅へ。途中京王百貨店地下で瑞泉(古酒)を購入。
幡ヶ谷駅までしゅうとんさんが迎えに来てくれるが見事に行き違う。あまりにもありがちな展開。一応システム系の仕事で通信にも強いことになっている私だが携帯電話を使いこなせない。少しトレーニングをしないと。
朝比古宅にはよく会う人三人と久しぶり会う人ふたり。あいかわらずイマドキな夏ズボンを履いているのだが誰も何も言わない。全員炎環でいかにも句会をやりそう。でも句会は行わずひたすら飲み食い。

朝比古さんは見かけ通り炒飯を炒めるがうまいし山高さんは見かけ通り(?)餃子を包むのがうまい(?)。
今私が死んだら忌日は「肛門科クリニック忌」と呼ばれるので死ぬに死ねないという話になり、「爛漫忌かな」と朝比古さん。「ぼくは金髪忌」としゅうとんさん。というわけで現時点での私の代表句は、

爛漫の日向に配る甘茶かな
金髪のおでこを見せる春の風
烏山肛門科クリニックああ俳句のようだ

以上三句ということになる。

23時までたらふく飲み食いして今度は代々木上原まで行って小田急線で登戸へ自転車を取りに行く。登戸からつつじヶ丘まで自転車でゆっくり走っても十五分程度。珈琲が切れていたので途中珈琲粉を買おうと思っていたのだが、一軒もコンビニに出くわさない。やはりこの辺りは不思議な地域。一旦帰宅してから珈琲粉を買いに近所のコンビニまで行く。

なんか今回は普通の日記風。こんなに固有名詞の出てくる「葉月のスキズキ」は珍しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
街句会 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる