葉月のスキズキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 諸々

<<   作成日時 : 2007/04/24 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

このブログの昨日分アクセスレポートを見ていたら、googleでの「週刊俳句」の検索を経てやって来る人が多い(「マリア様がみてる」で来ている人もけっこういるけど)。週刊俳句自体よりも俳句的日常よりもgoogle検索では葉月のスキズキが上位に来ているようだ。

勝った!

何が勝負の基準かわからない上にそもそも勝負するようなことなのかよくわからないが、まあ上位にくるというのは悪いことではない。
そういえば目白で飲んだとき、うさぽんさんと「天気さんと葉月さんの関係がよくわからん」という趣旨の、質問とも軽い抗議とも取れるような話題になった。まるで関係があることが前提のような話だが、たとえばユースケくんてっちさんに関係があるという前提に乗っかった上で、てっちxユースケか、ユースケxてっちか、といったようなカップリング妄想を競わせるというような知的遊戯(?)を楽しむ習慣は私やうさぽんさんの世代ではあまりないので、これは天気葉月は馴れ合っているのか真剣に議論しているのか判りにくいぐらいのことを意味しているのだろう。はっきりしなくても誰も困らないし、はっきりしたところで誰にも利益がないどうでもいい話ではある。酒が入っていたのでどんな話をしたかよく思いだせないけど。酔うと記憶がすっかり飛んでしまうようになった。

やや遺憾なことに豆の木賞の選句が一部で遅れているようで、日曜深夜にも発表されるのではないかと期待されていた今年の豆の木賞が未だ決まっていないらしい。天気さんがあちこちで書き込んでいるところによると、今回は接戦のようだ。現在地球上に十人しかいない豆の木賞作家が十一人に増えるのか、あるいはすでに栄冠に輝いた人がまた取るのか、落ち着かない今日この頃。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国と日本、料理人の価値
●料理学校 前世紀90年代に香港では初めての料理学校が出来た。それまでは香港には中華料理の調理法を教える専門の学校はなかった。以前の香港では中華料理の料理人はみな実践から養成されていたのである。 香港の料理学校は大変人気があるそうである。受講生達の料... ...続きを見る
中国から見た中国と日本の違い
2007/05/08 19:55
中国と日本、すべてを取り仕切る。
 日本語には「一国一城の主」という言葉がある。 その意味は「主人となり、切り盛りする」、「一つの国の君主」ということである。日本人は昔から「いつの日にか主人となり、切り盛りする」という願いをもっていた。そういうわけで、料理人はだれでもいつかは自分で門... ...続きを見る
中国から見た中国と日本の違い
2007/06/06 22:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや、関係ないですって!

豆の木賞、結果が楽しみですね。
ユースケ
2007/04/25 02:43
うほっ、ユースケくん。
わざわざ否定するとかえって疑惑が深まります。世の中にはテーブルだろうが潜水艦だろうがカップリングしてしまう、中国の料理人も驚くような妄想力の人もいますから。

豆の木賞やっと決まったようですね。最寄の豆ンバに選句用紙を見せてもらうといいですよ。あれは各々の個性が出ていて面白い。一方でけなされている作品が他方では熱心に誉められているようなこともあり中々スリリングです。
葉月
2007/04/25 08:51
なんか言ったほうがいい?
tenki
2007/04/25 19:24
何も言わはらへんでいいどす。
葉月
2007/04/25 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
諸々 葉月のスキズキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる